俺がお前をおとこにしちゃるinDS96

スポットライトがあたらない かわいそうなあいつを男にしてやるという なんともお節介極まりない 亭主改造計画的なソレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後のBCに向けて

mambo氏のところでの開催中の第6回サバイバルBCで
クラプトンとジョーナインが第1ステージ突破。
共に内容も上出来。第2ステージでの好走に期待です。

今後もBCの予定が盛りだくさん。
今は、じゅん氏のところの「短王杯SC(GⅡ)東京芝1400M」に向け
生産中。1人2頭までの登録枠なので、生産中の1頭とクラプトンで
参加予定です。新作でなかったらクラプトンのみで。
配合は、カコイーシーズ×ドミノスキャンダルにアスワンかパドスールかサクラシンゲキ。
しかし、カコイーシーズ牝馬がきつい。
(96.72)というのが出たが、私にはこれが限界。時間の制約もあるし。
基準値は
アスワン:76.82
パドスール:88.70
サクラシンゲキ:80.64
とヒドイ。大丈夫なのか…?

もうひとつじゅん氏のとこの「大楠(G1)東京芝2400M」用で、引き続き
オグリ牝馬。今のところ目立った産駒は出ていません。
というかギンノカミカザリ以来、SP120以上が出ない。

mambo氏の定例BC用にはまだ未着手。
ゴールドレットやシャルードとかを考えているが、共に厳しい種牡馬なので
間に合わない可能性大。

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gindabi96.blog115.fc2.com/tb.php/38-1a141242
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。